• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

2020/10/28 20:41

仔牛頬肉の赤ワイン煮込みを
ご家族人数分購入して下さる
お客様が多いです。

こちら、付けあわせも非常に好評でたっぷり。

これとパンがあれば夕飯が 完了するんです。
おうちでレストラン気分に
簡単になるのです!と
嬉しいお言葉を頂ています。

こちらの商品、しっかりマリネをした
仔牛の頬肉を
美味しい赤ワインとポルト酒を  
使って煮込んでいきます。
頬肉はコラーゲンたっぷりな 
部位としても有名です。

希少性のある仔牛を使っているのにも
こだわりがあります。
仔牛は成牛の頬肉よりもとても
柔らかいです。
成牛に比べて、流通しにくく 
手に入りにくいのですが
仔牛を使うことは、 
僕が絶対に譲れなかったポイントの1つです。


約‪6時‬間、おでんのように煮込んでは
休ませを繰り返し
美味しい煮汁をしっかり吸わせて、仕上げます。

アルコールはもちろん完全に 
飛んでいるのでお子様でも安心です。

付け合せのグリンピース入りの
「じゃがいものピューレ」にも
かなりこだわっています。

「グリンピース大っ嫌いなのに初めて美味しいと思った!」
「グリンピースなんで入ってるの?と
一瞬シェフを恨んでごめんなさい」
「野菜嫌いな子供がグリンピース入りなのにモリモリ食べてました!」

などレビューを頂いているピューレ。
嫌いな野菜の代表格の
グリンピース(!)の
常識を覆すために使いました・笑

じゃがいもは皮ごと茹でることで
手間はかかりますが、
美味しくなります。
裏ごして滑らかにしたうえで
美味しいバターと生クリーム、
そして甘みのあるグリンピースを  
使っています。
口にいれた瞬間の食感と味わいに
驚くはずです。

まだ食べたことのないグリンピース 
嫌いな方ぜひだまされたと思って
食べてみてくださいね。

ナイフもいらない程のホロホロ
仔牛の頬肉
ぜひお試しください!